2008年08月27日

凝縮された'08五輪野球

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51350501.html
星野「敗因はストライクゾーンの違い」 - アルファルファモザイク

いや、面白いから読んでおけwww

敗因は、大野豊コーチが星野仙一監督に対して、明らかに調子の悪い投手を降板させるよう進言して降板させられなかったことだな。
言える空気でなかったとか、言ったが無視されたってんなら、その場で辞めちまえばよかったのに。っていうか辞めろ。気付かなかったんならしょうがないが、そんなら無能だってことだからやっぱり辞めてくれ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080826-00000078-mai-base
五輪代表の新井、腰椎の疲労骨折判明 - 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080825-00000011-nks_fl-base
ソフトバンク川崎が左足疲労骨折 - 日刊スポーツ

っていうかさあ、責任をどうとか言ってるみたいだけど、新井とか稲葉に、電話かけて「いけるか?」なんてのは、もはや人事上の怠慢以外の何ものでもないだろ。誰かが腹を切らなきゃならないってんなら、そんな星野仙一の怠慢を許したJOCにも切ってもらわないと。税金や競輪の収益金まで使ってるんだから、そういうこと。

星野? あいつはどうでもいいよ。
どうせこれからも口先だけで世間を渡っていくだろうから。

星野仙一はよく「上司にしたい有名人アンケートのランキング」に登場するが、とんでもない。こんなアンケートで「星野仙一」とか答えてるヤツとは一緒に仕事したくない。こういうヤツがデスマーチを作る。
posted by JUD at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

所詮は日テレ風情

http://www.ntv.co.jp/base2008/news/index.html
開局55周年記念 日テレプレミアムナイター

東京ドーム読売-横浜3連戦を放送するにあたって、画面下六分の一を使って字幕クイズが出題されているわけだが、誤答が多すぎて興醒めする。しかも、時折「Q:地デジに関するお問い合わせは?」など余計なものが混じるという破綻っぷり。

ちょっとは楽しみだったんだけどなあ。問題の出来も悪いし。こんな時間帯にTV桟敷で野球見てる視聴者に「通算本塁打数1位は誰?」なんて、視聴者ナメ過ぎだろう・・・というか、自分とこの番組の視聴者層も掴んでないんだもんな。

沢村栄治を「沢村英治」と誤記したり、高橋尚成がデビュー時につけていた背番号を「21」と誤ったり、とてもグループ企業とは思えない恥さらし具合。親会社が子会社の歴史をろくろく調べもせずにクイズにしようってんだから、そりゃあジャイアンツ神話も崩壊しようってもんだ。

他にも、「左右両打席HRの歴代1位は?」ってのもあった。意味不明。というか、「1試合に左右打席で1本ずつ本塁打を打った試合の数を順位にしたもの」だと、問題で明確に示されていないわけだ。もっと日本語を大事にしろ。で、次の問題は「左右両打席HRの歴代1位はセギノール。では2位は?」とか抜かしやがる。手を抜きすぎだろうと。

いくら親会社だとはいえ、日本テレビ如きに期待するのは無用だ。

だいいち、プロ野球中継の視聴率が下がったと大騒ぎしているが、女子供しか相手にしていないビデオリサーチ社の視聴率調査で、スポーツ中継の視聴率がまともに出てくるわけないだろう、常識的に考えても。

やってる方向性が間違っているかどうかはともかく、もうちょっと品質を上げないと、今まで見ていた視聴者にもソッポを向かれるとか考えないのだろうか。
posted by JUD at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年08月23日

やめちまえ李

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080823-00000129-reu-spo
五輪=野球、巨人でプレーの李が日本に謝罪 - ロイター

いやあ、試合内容はともかく星野仙一の負け犬っぷりに(´Д`)

で、例によって場外戦だが・・・・以下、李のコメント。

試合で2点本塁打を放った李は記者団に対し「日本のファンと選手に申し訳ないと伝えたい」とコメント

報道だから発言の真偽にはいささかの疑義が残るが、もし本当にこんなこと言ったのなら、プロ選手もナショナルチーム代表もやめちまえ。スポーツにおいて勝者が敗者に掛ける言葉なんてないし、相手を哀れむ発言は(相手じゃなくて試合など全てを)侮辱する以外の何でもない。

ましてや二枚舌や曲解報道が絡んできたら安貞桓の例を紐解くまでもなく問題は複雑化するだろう。まあ、どっちにしろもう李は一銭もいらねえ男になっちまったわな。
posted by JUD at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年08月19日

レベルが下がったのは

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/hs/08summer/text/200808190018-spnavi.html
タジケンの高校野球観戦記 Vol.18 - スポーツナビ(田尻賢誉)

-引用ここから-
いつから高校野球はこんなふうになってしまったんだろう。 (略) ある県大会では主力選手が内野ゴロで一塁ベースを踏まずにベンチへ帰ったのを目撃したが (略) 炎天下でスタミナの消耗を避けるためと理解はできるが、もう少し見苦しくない程度にお願いしたい。
-引用ここまで-

随分とまあ、スポーツ専門のコラムニストにしては高尚な演説となっているが、最近では読者も馬鹿ばかりではないので、こういうコラムは自分の不見識をひけらかしているだけだということを理解するべきである。また、彼の場合はただ恥を晒して終わるものではない。
文章が非常に読みづらいが、要するに彼は、全力疾走しないことを怪しからんと叱っているわけだ。一方で、とても早い技術と技能の進歩について認めているという不思議な状態。どうやっても文章を書くプロとは思えない支離滅裂っぷり。

-引用ここから-
昨年は低反発球が導入されて27本塁打と激減したが、今大会は史上2位となる49本が記録された。バットが改良されたといううわさもあるが、わずか1年で低反発球に対応してしまう技術の進歩は驚くべきこと。それだけ、高校生の技術も、高校野球のレベルも上がっている。
-引用ここまで-

まあ、商売だけでやってるんだからしょうがねえよな。『あきらめない限り、夢は続く』や『公立魂〜鷲宮高校野球部の挑戦〜』などのお涙頂戴モノも書いているし、『甲子園球児になるための9つの方法』などのネタ本も出している無節操さを誇る。何が主張したいのだがサッパリ判らん。とりあえず煽って名前を売っておけばOKという、インチキ霊媒師みたいな感じかな。

というわけで、レベルが下がったのはスポーツジャーナリストで決定。世界中歩いて記事書いて、この程度じゃねえ・・・? 彼自身のウェブサイト名(現存せず?)の脳足りん加減もなかなか楽しい、「高校野球つれずれぐさ」というものだそうだ。大卒のプロライターが書いて許される綴りじゃないだろjk・・・→http://diarynote.jp/d/32091/

いやあ、こんな泡沫ライターは放置でもいいんだけどさ、あまりにもズレズレで気になったんだよ。ウェブサイトがなかったり、weblogの残骸が転がってたり、プロフィールに謎が多かったりな。つれずれぐさっていうか、ズレズレウザ・・・・
posted by JUD at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年08月14日

2008五輪6日目

野球は日本2-4キューバで為す術もなく敗戦。
采配は知らん(というかどうでもいい)が、9回表に一度は退場処分宣告を受ける(結果は退場処分取消)という星野仙一の不用意な行動が痛々しい。あんな低レベルの審判員にアツくなってるっつーのも、どうかと思うね・・・・。

で、今日もっとも素晴らしかったのは、選手ではなくてソフトボール解説の宇津木妙子だ。馬渕智子が強振したバットがボールが当たった瞬間に「入った」と。フェンスから2メートル先にも落ちない程度、ギリギリホームランになる程度の打球にもかかわらず見切りが早すぎる!

一方、まだ記事にはなっていないようだが、フェンシング男子フルーレで太田雄貴が2位。事前の各キー局における五輪特集では皆無、半年以内でも1局だけが取り上げたに過ぎないが前評判は非常に高く、結果にはそんなに驚くことではなかった。
これでちょっとはフェンシングが認知されれば、TV放送のチャンスも少しくらいは期待できるというものだ。
posted by JUD at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年08月13日

オール一本

http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080812-00000290-sph-spo
谷本オール一本勝ちで決勝進出、メダル確定…柔道女子 - スポーツ報知

谷本が優勝。内芝正人といい、思いのほか結果が出ているなあ。国際JUDOの試合内容自体はgdgdなのでどうでもいいけど、国内の予選を勝ち上がった上でこういう結果が出ているというのは、ルールに適応できているということなのだろうか。

谷本オール一本勝ち

それにしても、この見出しはないだろう・・・

http://www.toray.co.jp/boat/images/boa_f502.jpg
posted by JUD at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年08月08日

観たいものは少しある

今日も仕事は順調に終わり、一杯ひっかけて帰ったが21:00なので、これならどの種目かは判らんが、五輪中継くらい観れるんじゃないかと期待が盛り上がってきたぜ! 観たくもない競技なんてそうそうあるもんじゃないし、まずは、スイッチ・オン!

祭往路

しかし、画面に映ったのは開会式だった・・・・
開会式

祭復路

開会式なんか観てもしょうがねえだろ・・・・
posted by JUD at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ

夜やってりゃ観る

五輪サッカー 日-米。1-0で米国が勝ち。

審判が下手くそなのはまあどうでもいいんだが、日本チームは、とてもとても国別代表戦で勝負になるような状態じゃないなあ。まともにサッカーできていたのは長友だけだった。それ以外は痴呆の集まりかと。プレーも雑だし。

国内で稚拙なサッカーをやってるとそうなるんだろうなあ、ってところがいくつか見えた。というか、それなりにみんな気付いていると思うんだが・・・・バカが多いなあ、と。

たとえば、左サイドPKエリア隅(いわゆるデルピエロゾーンあたり)でFWがボールを持った場面。DFが正面に居てこれを抜かなきゃならないわけだが、日本FWはここをどうやっても突破できない。さんざんフェイントを仕掛けるんだが、どうやっても抜けない。

なーんでか♪

だって最終的には左前方に、ゴールライン方面にドリブルで抜けてからクロスボールを放り込むのが確定事項なんだもん。なんぼフェイントかけてもまったく無意味で、果ては相手DFも完全に見極めた上で左足に体重をかけて待つというナメ様。それでも左から突破しようとする日本の馬鹿FWたち。

テクニックではそんなに差はないと思うけど、脳ミソのデキは点差以上に大きく開いていたというのは認識した。ので、こんな試合をいつまでも観てられるかとたまらずTVのチャンネルをNHK(教育/高校野球 横浜-浦和学院)に変えてしまった。高校野球のほうが面白かったのは言うまでもない。

スポーツ中継を殺す「放送の独占」と「過剰演出」 - mixiコラム

↑のコラムにも関連するが、マスメディア、とくにTVにおいては自国選手・チームの能力を過剰に高評価する傾向にあり、観ていて非常に痛々しい。今日のサッカー中継はNHK(総合)だったからまだマシだったが、民放だったらと思うと実に恐ろしい。「実力はあるんですから」「日本の力が発揮できたら」などと明日のメディアの様子が目に浮かぶ・・・

「ですが、日本の実力はこんなもんです」 - 解説の掛布団

まあ、倉井君と違って、本当に実力はこんなもんだけどな!
posted by JUD at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年07月27日

J1第19節

FC東京-横浜は1-1でドロー。

カボレも平山も動きが悪くて、サイドから掻き回されたFC東京は何もできずドローという結果。佐原がぬるぬるした動きで気持ち悪かったが、いつもあのようなのものなのだろうか。試合終了後、シュートまで漕ぎ着けられないFWに対して品のない野次が飛んでいたが、アレはDFがちゃんと仕事できてないのが原因。数少ないシュートをFWが外し放題だったことは別として。

次に観に行くのは多分8/23のFC東京-東京V(国立)。
posted by JUD at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年07月21日

打撃練習

近所(といっても歩いて10〜15分かかる)にバッティングセンターを発見したとの報せがkrouから寄せられたので、行ってみた。

球速80〜100km/h、右打席で22球、左打席で66球試してみたが、空振り4回。タイミングが合わずにスルーしたのが6回。マシンからプレートまでの距離が10メートルくらいしかないので、タイミングが取りづらい。芯にきた打球は15〜20球くらいか。

マシンが近いので、球速を上げる気はないです・・・
posted by JUD at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年07月18日

五輪野球登録選手一覧

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/jpn/beijing/data/members_j.html
2004年五輪野球登録メンバー一覧 - sportsnavi

http://www.akashic-record.com/y2008/hj11r.html#02
星野JAPAN 1.1 - 週刊アカシックレコード(7月7日)

うん、今回もわりと10日前にしては正確な予想だった。

ただなあ、現時点での調子の良し悪しを評価して採用していたり、絶対的な信頼によって調子が悪くても採用していたり、どう転んでもなんとかなるようなメンバーであるとは読める。というか、読めないw

個人的に驚いたのは、渡辺の除外だ。星野仙一はいろんなタイプの選手をコマに揃えたがる(今回のメンバーでは外野手に顕著だ)と思っていたので、ここは大野豊がなにか渡辺に関する判断を下して星野が採用したのではないかとは思っている。

捕手3人だから和田一浩の出番はナシ・・・・
内外野守れる選手がいっぱいいるから赤星も用なし・・・・
posted by JUD at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年07月15日

ダメな人

ダメな人、それは「社会人」という言葉を使って仕事をする人。
北海道日本ハムファイターズ終了のお知らせみたいなものか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080715-00000030-nks-base
ハム中田左手骨折で今季の1軍昇格絶望的 - 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080715-00000093-sph-base
中田左手有鉤骨骨折!16日手術…日本ハム - スポーツ報知

素行が良くなったとか悪くなったとか関係ない。その場で問題を正しく把握できていないなんて、給料を貰ってるビジネスとしてもプロスポーツとしても失格だ。素行の良さとか従順な部下を求めるなら、ドラフトで新人なんか採っちゃダメだよ。
posted by JUD at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年07月07日

ウィンブルドン2008決勝

ウィンブルドン2008男性決勝はナダルが勝利。

3セット目での70分余の降雨中断がちょっと嫌味になったが、無事ナダルが勝利となった。中断前のフェデラーの動きは最悪だったが、中断明けからは断然動きが良くなっていたからなあ。放送終了まで観てたから眠くてしょうがないぜ・・・。

さて、ハードコートではどういう勢力になったのか、もうわからなくなったぞ?
posted by JUD at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年06月27日

滝沢正光引退

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080626-00000020-nks-spo
競輪の「怪物」滝沢正光引退へ27日会見 - 日刊スポーツ

滝澤正光が引退かと騒ぎになっている。

まあ43期、今年48歳になってもS級にしっかりと居残っていたというのは凄いとしか言いようがない。もちろん87年の13連勝や90年のグランドスラムという大活躍をナマで観ていたわけではないが、やはり時代の移り変わりを感じずにはいられない。

ギャンブルレーサー世代は残り少ない・・・・
posted by JUD at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

寝れない理由

毎年のことなんだが、ウィンブル首領ならぬウィンブルドンの選手権の季節がやってきたわけだ。ちょいと昔ならビッグサーバー好きだったのでイバニセビッチとかがご贔屓だったわけだが、最近はあんまり個々の選手に云々というのはないなあ。

昨夜もイワノビッチが負けるんじゃないかとドキドキして観てしまったせいで寝不足だ。
ほら、今晩もナダル-ガルビス戦が始まっちまったぜ・・・。

こうなると心配なのはオリンピックだ。
だがしかし、今年は運が良いんだか悪いんだか判らんが、オリンピックは北京で開催される。4年前はアテネ開催だったので時差の関係でNHKに張り付いていたわけだが、今年はそうならなさそうだ。4年前は、18時に帰ってきてすぐ寝て21時には起き出して、朝までずーっとTVでオリンピック生中継を見ながら三國志とかウイニングポストなどをやってたわけだ。それに比べれば平和すぎる。

どうでもいいことだが、吼えろペン(ja.wikipedia)ウィンブル首領がないのだが、書き足してしまおうか・・・。
posted by JUD at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年06月12日

今更違反柔道着を取締り

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080612-00000017-nks-spo
「ピチピチ」違反柔道着一掃へ測定機導入 - 日刊スポーツ

国際柔道連盟から全日本柔道連盟へ開発の依頼があった、柔道着の袖のしろを計測する器具が完成したというニュース。この手の話題が出ると、1987年のFormula1でターボチャージャーのブースト圧を4バールに制限する「ポップオフバルブ」が4バール未満で開いた事件についての逸話を思い出す。
F1レギュレーション(ja.wikipedia)

あ、このWikipediaの記事も相当やばいな、ポップオフバルブは本田技研が業を煮やして試作品を作っていいものが出来たら開催者に提供する約束をとりつけた・・・・というエピソードはあったが、実際には本田技研が試作品を完成させる前に開催者側で「4.2バールくらいまで開かない」という触れ込みのものが出来たのでそこで・・・・あれ・・・?どうなったんだっけ、資料が見つからないや。まあとにかく、そこら辺まで全部書かないとミスリードを誘うので、この話はしちゃいけないとは思うのだが。

余談がだいぶ長くなってしまったが、言いたいことはこうだ。

今更遅せえよ

もう国際柔道、つまりJUDOには興味なくなった。
柔道の最高峰は全日本選手権で決まり。
posted by JUD at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年06月11日

ある意味リップサービス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000077-sph-base
石井一「阪神戦飽きた」余裕発言・・・西武 - スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000026-nks_fl-base
【西武】石井一、左足首に打球直撃で降板 - 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000150-mai-base
<阪神>6連勝で40勝一番乗り 西武、投手が踏ん張れず - 毎日新聞

バファローズの加藤哲郎じゃあるまいし、ナニ余裕ブチかましてんだコイツwww

とか思ってたらあっさり炎上→怪我→退場

口は災いの元というけれど、野球選手(というか投手)って言わんでいいことばかり言うヤツが多いなあ。川口知哉も言わんでいいことばかり言っていた、あいつは内容はともかく完全試合を予告した試合でも完投勝利してるけどね。

石井一久・・・ロバート・クビツァみたいな顔しやがって・・・
posted by JUD at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

競輪選手字義通り地に墜つ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000943-san-spo
競輪選手が公道で転倒し重傷 - 産経新聞

「乗用車にゴムロープで牽引(けんいん)された自転車に乗り」
「緩い左カーブでバランスを崩して転倒。頭の骨を折るなどの重傷」


ナニやってんだよ44歳にもなってww
ロケットやバイク引きも出来ないほど孤独なのか!?

つーか、メット被ってなかったり、力行せずにロープで牽かれたり、根性が腐ってるという意味では関優勝以下のダニやゴキブリと言われてもしょうがないんではないだろうか。力行せずに車にロープで牽かれるってのは練習とかってレベルじゃねーぞ!?
posted by JUD at 22:16| Comment(5) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年06月05日

ナ杯予選L最終節

http://www.j-league.or.jp/data/2/?league=ync&genre=groupstandings&d=cup&t=ranking&y=NEW0100
- 2008 Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ

目下、2位勝ち点争いでは現時点で勝ち点8のラインでFC東京(次節/東京V-国立競技場)と大分(次節/大宮)が一番の激戦。一方でグループ内争いではグループCがホットだ。キックオフは全会場で6/8の15:00。

サッカーのリーグ戦最終節といえばNHKの多元中継が楽しみではあったんだが、困ったことにナビスコカップではやってくれない。スポンサーの関係だとは思うんだが、NHKの最終節多元中継はすごく面白い、というか会場の切り替え方が上手かったりCMがなかったりと相当出来がいいので、是非やっていただきたい。本当は携帯電話(TV付き)に予備電池抱えてスタジアム行くというのをいっぺんやってみたかったんだけどね。
ちなみにこの日、地上波TVでのサッカー中継はない。NHKはおろか日テレすら、この日はエコ関連特番。ラジオは前日にならないとネット番組表が出てこないので不明 :-(

2005年の最終節はTVに張り付いてたなあ、その五元中継はというと・・・
(括弧内は勝点差/順位)
・C大阪(首位)-FC東京
・川崎F-G大阪(-1/2位)
・新潟-浦和(-2/3位)
・鹿島(-2/4位)-柏
・市原(-2/5位)-名古屋
まあディビジョン1だし、こういう混戦ってのは20年に1回あるかないかという、ある意味で祭みたいなもんだからなあ。ちなみに2005年の最終節C大阪-FC東京は、C大阪のPK失敗とFC東京の試合終了間際89分での得点で衝撃的なドロー。これでG大阪が棚ボタ的初優勝。年間2位から5位が、優勝チームと勝点1点差で並ぶという二度とないであろう混戦だった。

そして、そんな(オオゴト&大切という意味で)大事なときに限ってチームにいない大久保ww
posted by JUD at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2008年05月07日

地力の差? 見識の差?

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/tennis/column/200805/at00017146.html
クルム伊達が日本テニス界に与えた衝撃 1/2 - SPORTSNAVI.com
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/tennis/column/200805/at00017147.html
クルム伊達が日本テニス界に与えた衝撃 2/2 - SPORTSNAVI.com
カンガルーカップ大会総括 筆者:内田暁

以前からこの内田という人物の語り口に胡散臭さを感じてはいたが、今回の記事もご多分に漏れず納得しがたい。大会の総括と題して長々と書いてはいるが、結局のところ総括と呼べるほどのものではなく、スポーツジャーナリストとして一体ナニを語りたいのかがサッパリ判らない。

伊達が現役を引退した96年時点で5歳だった山外涼月(やまそとあき 2回戦)はともかく、中村藍子(3回戦)や藤原里華(1回戦)まで緊張で負けたと一言で片付けるのは、プロスポーツジャーナリストとしてはいかがなものだろうか。

というかね、プロスポーツに限らず勝負事に身を置いている人は多分判ってくれると思うんだけど、自分より明らかに格上の相手と対戦するときって緊張するでしょ、当たり前にね? それは、地力の差を逆転するために、普段の自分を超える力を出すためでしょ? それが、緊張ってもんだわな。

中村だって藤原だって、賤しくもキャリアを重ねたプロなんだから対戦前にある程度の力関係はわかるはずだし、手を合わせればすぐに某かの感触はあるだろう。でも80%だか95%だか知らないが、自分が普段出している力のペースでは対手にならないので100%でも110%でも自分の力を出さざるを得ない、そういった見方にはならないのだろうか。

インタビューの言葉をただ紙面に垂れ流すだけでは、いい記事は書けないと思う。ギャラが安いからか、あるいは読者をナメているのか知らんが、もうちょっと練りこんだほうがいいのではないか。最近のSPORTSNAVIはレベルの低下が激しいと感じる。

緊張が、とか・・・・実力が足りないとか考えないのだろうか。

記者も同じく。

ましてやバレーとかサッカーとか、国別代表戦のTV中継とかは、もうスポーツ観戦ってレベルじゃねーぞ!? とかいうのはもう充分みんな知ってるだろうけど、まあ一スポーツファンとしては絶え間なく警鐘を鳴らすのが務めだとは思っている。
posted by JUD at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ