2006年05月20日

衝撃のベリンガー

衝撃の安さがウリのベリンガーから、MINIシリーズが出てきた。ハーフラックサイズのstereo4系統ミキサーステレオマルチエフェクタ4系統ヘッドホンアンプステレオコンプマイクアンプ9-band グライコビートカウンタ・フォノプリアンプボイスキャンセラ というラインナップだ。奥行きも120mm程度とコンパクトで、ぶっちゃけ、ある意味で興味アリ。

ベリンガーはもう通説のように安かろう悪かろうのイメージで語られていて、2chではベリンガースレが5本目まで行っているという状況だが、俺個人的な感想としてはそんなに悪くないと感じてる。ただし、使いどころと品を選ぶけどね。元からノイズだらけのTX81ZとかベースとかD-110をMIXするのには1UラックマウントミキサーMX1602を使ってるし、昔はステレオコンプMDX2200も使っていた。もっと前だと、7UラックマウントミキサーMX2642とか使ってたなぁ。

で、個人的にはマイクアンプとミキサーには興味がある。どうせ部屋録りの小ネタなんてこの程度のマイクアンプでもOKだし(といいつつマイクはコンデンサマイクなのでphantom電源が必要という落ち)、ミキサーはキューボックス代わり。とりあえず、もう少し評判を見てから考えるけど、最大の難関はやはり「ラックに綺麗に納まるか」だろう。本来44.5mmである規格のラックに、高さ45.5mmのTX81Zをラックに収めるのに大変苦労したのは苦い記憶だ・・・。
posted by JUD at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | DTM・楽器・動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/703185
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック