2007年10月18日

なんだよ逆王手って

里崎 土壇場一振りで逆王手!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000011-dal-base

なんだよ、逆王手ってのはよ・・・

5戦中3戦先勝で、2勝されたチームがその後に2勝したんだろ。依然としてあとひとつ負けたら終わりだし、もうひとつ勝たないといけない状態なわけだよな。

将棋では相手の王手がかかったら、まず自玉を守らないといけない。その手で王手が出来たら、相手も自らにかかった王手を回避しなくてはならない。常に互いに一手一手打ち合う将棋では一進一退の攻防となるが、状況の違う勝負事にその「逆王手」という単語を使うのはいかがなものか、といつもながら思うのだ。安っぽくなるだけだ。
posted by JUD at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
あー、それ僕もずっと不思議に思ってました。
王手かけて、自分の王守っとらんなぁ、って。
相手の勝ち星減るなら納得できる単語なんですが…
Posted by kino at 2007年10月18日 23:56
そうなんだよね、気持ち悪くて。
逆王手とか役不足の単語を連発する人って知能指数低めに見えるよねw
Posted by JUD at 2007年10月19日 01:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5955342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック