2006年04月17日

マナーとルールと思い込み

電車の中での迷惑行為、携帯電話、老人への席譲り、大股広げ、大声・・・・・しかしまて、老人への席譲りってのは違うと思う。ハンディキャップパッセンジャー用の席があるわけだし、なによりこっちは苦労して取った席。膝も腰もやられているけど、若者だから席を譲らなきゃならないというのは別じゃないか? 他のものとは明らかに違う。なにもわざとジジイを締め出しているわけではない、たまたま席が空いてないだけなのだ。

と、ここまで書くと反社会的な奴だと思われるかもしれないが、3徹明けで電車に乗って寝てたら、いきなり知らん老人に杖で殴られたらそう思うようになるよ。そのときはそのジジイはきつく叱りつけておいた。こっちは膝の靭帯が伸びてて(診断書をその顔に叩きつけて)、オマケに他人様の顔を突然公衆の面前で叩くというのは何事だ、というか人と話するときくらい帽子は脱がんか、と怒鳴りつけてやった。本当はこっちも怒り心頭だったので土下座するまでやろうかと思ったのだが、ジジイの奥方(と思わしき人)が泣きついてきたのでやめた。今でも、土下座させておけばよかったと後悔している。地球の平和のために。

あ、言っておくが、俺は電車内で携帯電話で長々と話している奴とか、大声で騒いでいる連中はドアが開いたら容赦なく叩き落すので、そこらへん勘違いないように。
posted by JUD at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/569269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック