2011年03月13日

知る力

どうも地震を受けて原子力発電所が停まったり止められたり壊れそうだったり壊れたりと大変な取り上げ方をされているのか、地震動と津波被害よりも原発関連情報がすっかりメディアを席巻している現状、皆様いかがお過ごしでしょうか、といったところか。

もっと詳しく説明して欲しいとか、包み隠さず公表して欲しいとか、そう言ってるメディア(と、メディアのインタビューでそう答えている人の映像)がたくさん露出してるんだが、ちょっと待て、と。同じようなことを野党の一部でも言ってたりするが、待てよ、と。

お前ら本当に説明してもらって納得できるのか、と言いたい。

知りたいのは結構だけど、お前らには基礎が足りないから無理だよ。
ITをはじめとしたコンピュータに対する大衆の取り組みもそうだし。

放射能と放射線と放射性物質の意味とか、実は原発は熱源が特殊なだけで火力発電と同じように湯を沸かしてタービン回してるだけなのだとか、スリーマイル島の事故で周辺への影響がいかなるものだったのか、とかそういった基本的なこともわからずに「もっと詳しい説明を!」とか言うのは、そりゃあ無茶ってモンですよ新聞屋やTV屋のみなさま。
3/12の15時半ころに爆発したときの枝野官房長官の記者会見、そこの質疑応答で「長官、原子炉が破損している可能性はあるのでしょうか」とか言ってるバカもいたりしてな。もし長官が福田元首相とか安倍元首相だったらブチ切れてるかも知れん、可能性がゼロだとは誰にも言えんのだから。そういう手合いを相手によくやってると思う。

なので、今の東電・原子力安保院・内閣官房の説明で足りないという人は、何も言わずに外国に逃げるか、福島に行って自分の目で確かめてくるといい。ほら。

…と、暇にあかせて記者会見の質疑応答を文字起こししようと思ったけどバカらしくて最初の2分でやめたので代わりにこれを書いておく。くだらん記者会見を見せられた恨み言みたいなもんw
posted by JUD at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43820992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック