2010年09月25日

検察は行政

http://www.jin-m.com/diary/index.html
中国人船長の処分保留と釈放に抗議する声明 2010.9.24 - 一処懸命 - 松原仁

「中国人船長の処分保留と釈放に抗議する」とある。こういった主張を党内から素早く上げられる議員が東京都選出議員であるのは勿怪の幸いとでも言えばいいのかな。民主党は好かんが、この議員は割りとまともなことを言っていることがあるので、次回の投票にはここら辺を勘案することにしよう。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010092400880
民主幹事長「地検判断を尊重」=「弱腰外交」との不満も−与党 - 時事通信社

「検察の判断だから」という官房長官の説明はあるが、検察は行政組織だ。どこかでミスリードがあったか知らないが、この釈放について「司法独立の維持」という旗印がいつの間にか据えられてしまっていることを、TVに出演している知識人ぶった識者共はなぜ口を噤んでいるのか、ちょっと考えてみてほしいところではある。検察は行政組織なのだから、司法独立の維持ではなく、行政が正しく制御されていないということだ。

外圧に屈するのも別件の人質をとられていることに屈するのもかまわないが、そこで検察の立ち位置をごまかすのは一国の政府としてどうだろう、情けない話だ。もしこれが営利会社だとして、商売相手の不誠実な行為に対して正しい追及を行っている平社員(海上保安庁)の妨害をした上で揉めている相手に機密情報を流した管理職(検察庁)を放ったらかしにしてる経営幹部(総理大臣・法務大臣)は、株主(有権者)からどう思われるだろうか?

重ね重ね宣言しますが、検察は行政です。
posted by JUD at 08:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
検察庁が行政官庁だってことは知らなかった。
法務省の内部組織なんだね。
ってことは、今回の件は法務大臣の責任になるのかな?

考えてみれば、司法権は裁判所が持っている権利で、検察庁は持ってない。
そして、今回は起訴されていないから、司法が介入することはできないんだよな。

んー、司法、立法、行政の各機関について、勉強してみるかな。
Posted by ごとー at 2010年09月25日 20:14
っていうか三権分立っていう単語だけが小学校で教えられて、高等教育になるたびにそれは再定義していかないと三権について勉強したことにはならないんですけどね、ここら辺は多分文部省の思惑があったんでしょう。
普通に省や庁が付いてりゃ行政組織なんですが(当然警察業務や外交官なども広く行政。親方は政府)、AEの団衛門さんなどもこのあたり司法とか言っちゃうしなあ、どうしたもんかと。マッチポンプのマッチは使い終わったら普通は隠すんですが、まさか相手のポケットに忍び込ませるような真似はなかなか出来るもんじゃないですね。

政権によるメディア戦略のにおいがプンプンするぜ・・・!
Posted by JUD at 2010年09月26日 06:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40917059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック