2020年12月29日

2020年にやってたゲーム振り返り

もう2020年も終わりなので、今年やっていたゲームをつらつらと振り返ってみる。

CAVE ゴシックは魔法乙女 (Google Play)
ゴシックは魔法乙女2020.jpg
2018年の2月から始めたから、3年弱ってトコか。
今年はスコアタでもコンスタントにリボンは獲れるようになったし、プラチナトロフィーに手が届くところまで来たけど、腕前としてはまだその辺が限界。ギルドバトルは97%くらいの参加率で、新しめのステージではhardのスコア100傑にも10回くらい入れているけど、ロックビームがうまく使えないので、旧来のステージではやっぱり差をつけられているなあ。
端末は Lenovo TB-8704X (Lenovo TAB4 8 Plus, SD825)。勢い込んで、Galaxy Tab S7 を買ったけど、アプリ内録画が正常に動作しなくて、まだ移行できていないのでモチベーション駄々下がり中。使い魔枠制限が厳しいのと、それによってアプリが落ちたり検索が遅かったりするので、早く新しい端末に移行したいのだけれども… うーん。

----

ブシモ/Donuts D4DJ Groovy Mix グルミク (Google Play)
D4DJグルミク2020.jpg
正式リリースから5日遅れでゲーム参加。今いちばん時間を使っているゲームだと思う。
2020年2月くらいにはすでに つくばエクスプレスの駅構内広告エリアで Dig Delightの広告が打たれてて気にはなっていた。
端末はTB-8704Xから紆余曲折を経て、Galaxy Tab S7でやっている。音ゲーだと指の滑りとか照明の映り込みもゴ魔乙とは段違いに要求されるので、画面シートを貼った。kwmobileのものがしっくりきている。
腕前は上記スクショのとおり、EXPERTになるとクリアできない曲が半分くらいある感じ。難易度13+くらいからは無理目。スマホ・タブレットでの音ゲーは、デレステを3日で挫折した程度で、このゲームも始めたころは難易度8くらいで死んでたけど、ここまで来れた。
ちゃんと楽曲がEDMっぽくてよい。あと、グループアイドル音ゲーだとソロボーカルの曲って少ないので、このゲームの楽曲はボーカルが1〜2人に抑えられてて、聴いていて心地よい。
DADDY MULKとか、OPA-OPAとか、パワー・ホールとか、オッサン向け楽曲もいっぱい入っているし、アレンジも今風でありつつちゃんと元の楽曲のエッセンスが残っていてうれしい。ところで このゲームで気になって調べて初めて気が付いたんだけど、パワー・ホールの作曲者って平沢進サンだったのな(いらない知識)。
CDJ-CDJ-DJM.jpg
Pioneer DJとのライセンス契約もしていて、商標表示なども正しいんだけど、一部レーザーとかDJM/CDJ取り扱いの描写が間違っているのはご愛敬。CDJ-CDJ-DJMと並べていて、CDスロットがないCDJ-3000にUSBストレージ刺さってないのはちょっと突っ込みたい。PCスタンドあるんだから、rekordboxが表示されているPCくらい置けよ(笑)

----

SEGA 三国志大戦 (AC)
三国志大戦2020.png

2017年〜2018年にかけて三国志大戦4のときにちょっとやってて忙しくなってご無沙汰だったが、今年11月から復帰。とはいえ環境の変化もあるし、腕前の問題で いまのところほとんど義勇ロードしかやっていない。相も変わらず武神デッキで頑張っているけど、ちゃんとカード操作できるようになったら、兵種アクション計略中心へ移行したい。

----

3goo トライン4:ザ・ナイトメア プリンス (PS4)


パズル要素がある横スクロールアクション。
金曜の夜に都合があう近所衆の3人で、なんかCOOP系のゲームないかな? ってことで始めてみたけど、一人 ちょっと忙しくてここ2週間くらい止まっている。
横スクロールアクションなんて近年ぜんぜんやってなかったので、新鮮で面白いけど、いかんせん腕前が…

----

Proletariat Spellbreak (PS4)


同じく金曜の夜にやってた、バトルロイヤル系TPS。3人でCOOPできるので。
11月くらいから、マッチングが国別になったのと、即時リスポンのゲームモードが追加されて ただでさえ減ったユーザー数の問題が加速してマッチングが難しくなったので、トライン4に移行した。やっと操作と戦いに慣れてきたところだったので、ちょっと残念。

----

怒首領蜂最大往生 (XBOX 360)
全国1億2000万人のシューターご存じの弾幕縦シュー。
2019年秋からやってたけど、年初くらいからデススマイルズIIXに移行したので、ここのところご無沙汰。
まだTYPE-D ショット強化でも陰蜂を撃破できていない…
もうちょっと上手ければ、EXAレーベルが稼働してるところへ行ってみたいんだけどなあ。

----

デススマイルズ IIX (XBOX 360)
ゴ魔乙が世界観をシェアしている弾幕横シュー。
5月にようやくLevel3をクリアできた。フォレット以外でもクリアできるようになりたいが、今のところフォレット以外では火力不足をカバーできる腕にはなっていない。練習あるのみ。

----

並べてみると、シューティングばっかりのような気がする。
本業がサラリーマンなので、可処分所得より可処分時間の都合で できるゲームには限りがあるから、あんまり時間を取られるようなゲームを複数進めるのは難しいけど、そういう意味でソシャゲは今やってる2タイトルで手一杯かなあ。フルオート周回できるコマンドRPG系なら割り込めそうだけど、きりがないのでやってないないし、実際に「艦これ」からは脱落したままになっている。

光回線も入れたし、PCでの録画・配信環境も整ったので、年末からはもうちょっとプレイ記録を残していこうと思う。
去年末の話だけど、モンスターハンターフロンティアがサービス終了して、残っていたのは自分専用の攻略まとめサイトと、ベルキュロス戦の動画が1本だけだったもんなあ。UNKNOWN動画とかもっと撮影しておきたかった。オンラインゲームはいつか終わる、というのは割り切っていたつもりだけど、8年か9年かやってて 最後を看取ったゲームの思い出が形になっていないのは、やはり寂しい。
posted by JUD at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2020年12月28日

Samsung Galaxy Tab S7

Samsung Galaxy Tab S7
https://www.samsung.com/us/tablets/tab-s7/

結局Chromebookでは標準でDisplayport Alternate Modeが実装されていたが、3D描画や低レイテンシーの音声出力に問題があることがわかったので、Andoroid端末に回帰した。でもまともに低ラグ動画出力しようとするともうこれしか選択肢はなかった。Snapdragon 865Plusなので、ガチャ引くたびに凸したり強化したりで激重うんざりしているゴ魔乙も快適にできるはず! そう思ったので買った。

条件:
Samsung Galaxy Tab S7 (SM-T875, SD865Plus)
Type-C端子からHDMI変換→D/A変換→A/D変換して録画


ブシロード ブシモ/Donuts D4DJ Groovy Mix

演出オプション全部乗せ。
HDMIセレクターとHDMIスプリッターを1個ずつ通してAVアンプで音を出しながらプレイして録画したけど、ラグはほとんど感じない。プレイ後の判定グラフを見ると 厳密には1/60secくらい遅れているような感じもするけど、今までのものと比べると問題にならないくらい。単純に快適といっていい。
ラグがないので、判定補正も±ゼロ。よって、「Android端末では、一部スライダーエフェクトが快適なゲームプレイを阻害する恐れ」という問題もない。
(この「阻害」というのは、ROLLやSLICERなど、各種BEATエフェクトのBEATがユーザー操作と同期しているので、垂直スライダーにかかるエフェクトのBEATがトラックのBEATとずれることで、ユーザーのリズムを崩すということ)

カットイン演出が入っても画面のモタりがほとんどないので、安心して遊べる。画面サイズ11インチってのは、今までの8インチタブレット Lenovo TB-8704X (TAB4 8 Plus, SD825) と比べると画面がちょっと大きくなっちゃったけど、音ゲーにはこれくらいがちょうどよい気がする。


CAVE ゴシックは魔法乙女

さすがにプログラムとデータのロードは爆速。11インチという画面の大きさも、携行重量が増えることさえ受け入れれば悪くないし、むしろ良い。
ところでゲームプレイにおおよそ問題ないように見える。しかしながら、ゴ魔乙ゲームアプリ内の録画機能がmp4ファイルを吐いてくれない
家でしかプレイしないのならともかく、アプリ内の録画機能を使えないのは大いなる問題。
/storage/emulated/0/Movies/ の下に jp.co.cave.mahouotome/ ディレクトリも作ってくれないし、当然 jp_co_cave_mahouotome_video.mp4 も出力してくれない。エラーも吐かない。っていうか、ステージ録画開始前のダイアログの時点で jp.co.cave.mahouotome/ ディレクトリを作ってみもしないというのは、プログラマーの怠慢ではなかろうか。内部にログ吐いてんじゃねえのと仄めかしたが、どうもそれもないらしい。
Movies/ ディレクトリに、FtpCafeか何かで、他の端末で出力された jp.co.cave.mahouotome/jp_co_cave_mahouotome_video.mp4 をコピーして置いてやれば、ゲーム内からプレビューはできるのだが、そのあとでゴ魔乙アプリ内から上書き録画しようとしても書き出してくれない。
CAVEサポートに問い合わせしてみたが、再現していないというテンプレ未満の実質ゼロ回答、その次にこちらの経過を撮影して送ったが、ついに音沙汰がなくなった。使い魔枠の空きもなくなったし、このゲームから受け取るものの中でストレスが占める割合が大きくなってきた。どうなのこれ。
posted by JUD at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月14日

Chromebook Flip C436FA

ASUS Chromebook Flip C436FA 14inch, 360°フリップ 2in1 PC
https://www.asus.com/jp/2-in-1-PCs/ASUS-Chromebook-Flip-C436FA/

前回に続いて、Chromebookで Google Playストアのゲームをベンチマークしてみた結果を。

条件:
ASUS Chromebook Flip C436FA (Core i5-10210U)
Type-C端子から Displayport alternate modeにてHDMI変換→D/A変換→A/D変換して録画


CAVE ゴシックは魔法乙女

画面が14インチあるので、今まで抜けられなかった弾や障害物の隙間を抜けられるようになる。
映像と音声を4k入力可能なデバイスに繋ぐと30fpsになってしまうが、Ideapad Duetでもそうだったし、Chromebookのリファレンスがそうなので仕方がない。
ただし 初期状態ではゲーム内から動画のプレビューができないので(動画再生アプリがChromeしか存在しないため)、Playストアからフォト(Google LCC)をインストールする必要がある。
ゲーム自体は快適なのだけど、これ10万円を超えるので、このためだけに買う値段のハードではないような気がする。


ブシロード ブシモ/Donuts D4DJ Groovy Mix

もともとfpsが足りない感じで、オブジェクト数が増えたりタッチが増えるとモタるが、Ideapad Duetほどではない。
しかし ほんの少しとはいえバッファが切れて 当然音も切れるので、ゲームできなくはないが快適さはない。Ideapad Duetでもそうだったので、これはChromeOSのせいかな?
全般的に3D描画がダメなような気がする。他に3D描画するようなゲームやってないのでわからんけど。

---- 総評

キーボードが付きながら360度フリップして疑似タブレットになるし、メモリアクセスはかなり速いので、高速なユーザー間テキストコミュニケーションが要求される、2D描画とRAM/ROMへのアクセスが過大なゲームには向いていると思う。そんなゲームあるかは知らんけどw

ちなみに Chromebook自体の使い勝手に関しては、まあまあ悪くないかな、という程度。Googleサービスと直結しているので、ふだん Googleドキュメントを使っている人にとっては下手なWindowsPCより使いやすいと思う。Google Playアプリウィンドウを何個も並べられるので、テキスト編集がメインの人にはもってこいのガジェットかなあ。1.15kgと軽量なので、タッチスクリーンが付いたノートPCのノリで使える。
あくまでもノートPCだからアウトカメラがないので突起部がなく、PCスタイルでもタブレットスタイルでも、テーブルに置いてがたつくということはない。
ヘッドホン端子が付いているうえに USBコネクタが2個ついているので、USB-3.5mmコンバーターとか余計なものを持って歩かなくてもいいのも好印象。
そのかわり ヒンジが思ったより緩めなので揺れるところ、多少不満が残る。

---- 追記 2020/12/28

少しゲームに使いこんでみたが、パネルを360度回転させてタブレット状態にすると、本体の熱が液晶パネルに伝わってきて、それとともにタッチパネルが徐々に利かなくなる。あとマルチタッチパネルのはずなのに、同時押しすると検知してくれないときがある。音ゲーには致命的に向いていない。
posted by JUD at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月06日

Chromebook Ideapad Duet

Lenovo Ideapad Duet 10.1inch, 2in1 タブレット
https://www.lenovo.com/jp/ja/notebooks/ideapad/duet-3-series/Lenovo-CT-X636/p/ZZICZCTCT1X

AndroidとかiPadでゲームしていて、外部機器で録画するのが面倒でどうにかなんねえかなあ? というわけで、Type-C端子がDisplayport Alternate Modeにリファレンス対応しているChromeOSなんてどうかな? という動機で買った。
MiracastやChromecastがあるじゃろ? という人もいるかもしれないけど、スクリーンをキャストすると本体orヘッドホン端子から音は出なくなるし、キャストした先から音を出すと遅延が激しくてゲームにならないんだ。iOSの有線出力でもこの点は変わらないので、とても残念。

条件:
Lenovo Ideapad Duet (MediaTek Helio P60T)
Type-C端子から Displayport alternate modeにてHDMI変換→D/A変換→A/D変換して録画


ブシロード ブシモ/Donuts D4DJ Groovy Mix

音切れが頻発して、ちょっとゲームプレイに支障が出るなあ、というのが素直な感想。正直いって 録画したいと思いついたのはグルミクが原因なので、そういう意味では期待外れだった。10インチの画面サイズがこのゲームには最適に思えるだけに、非常に残念。録画とか関係なしに音ゲーやるだけだったら、上位のSnapdragonを積んだタブレットを買った方が話が早い。

プレイ解像度も各種カットインもミニマルな状態でこれなので、端的にパワー不足であるような気がするが、アプリとChromeOSの相性問題かもしれないので何とも言えない。
オブジェクト数が増えたり、タッチが増えるとモタる。SEボリュームはゼロにしているが内部的に発音していないかどうかはわからないので、モタるのが発音のせいか、描画のせいかは不明。
FPSが落ちるのとかいうのではなくて、文字通りバッファが切れるので、適さないといっていい。ChromeOSのせいか、P60Tの3D描画能力に問題があるかはまだ不明。AndroidのP60T機と比較したいところ。

----


CAVE ゴシックは魔法乙女

全般的に良好。
メモリアクセス速度に比例して、各種画面間を遷移するロード待ちはSnapdragon625機より圧倒的に速い。ゲーム中の処理落ち量を比較しても、遜色ない。
当初は一か所をタップし続けているとブルブルと自機が震えてしまっていた(ツイクロが巻き取られちゃうので大変困った)が、ChromeOSをアップデートしたのと画面が一皮むけたからか、そういう事象は見られなくなった。
とはいえ、このゲームはAndroidでもアプリ標準機能で録画できるので、あんまり有難みがない。

----

全般的な感想:
Snapdragon 888 でChromebook作るなり、Displayport alternate mode対応のAndroidタブレット作ってくれよ、と切望している。もっとも、MiracastやChromecastが、キャスト時に音声が本体から出なくなるクソ仕様じゃなきゃこんなに苦労はしないんだがなあ。

タブレットなのでアウトカメラが付いていて、ここが突起部になっていて、ただテーブルに置くと多少ガタつく。マグネット吸着キックスタンドを装着するとそれは解消されるのだけど、結構重いのよね。キックスタンドだけで100g以上あるんじゃないだろうか、キーボードまですべて装着すると920gあるので、ノートPCを持ち歩くのとあまり変わらないのは残念なところ。
しかしながら3万円くらいで買えてしまう安価な端末なので、変なAndroidタブレットを買うよりは遊べてしまうと思う。

---- 2020/12/13 追記

注意点がひとつあって、電源・ボリュームボタンとUSB端子が短辺側についているんだけど、アプリが今日セ定期に縦画面モードに変更すると、こちら側が下になる。アナログヘッドホン端子もないので、キックスタンドに立て掛けて縦画面ゲームをするとか、そういった場合には不便なことが多い。ゴ魔乙の周回プレイなどには支障が出ると思う。
posted by JUD at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記